がん保険の賢い選び方について

がんに罹った場合、通常の医療保険にしか入っていない場合でも各種の給付金を受け取ることができます。しかし、がん保険に入っている場合に比べると各種保証の少なさがはっきりとわかると思います。がんに罹ってしまった場合には、がん保険に入っているかいないかが非常に重要となってきます。

がん保険の大まかな内容は、診断給付金、入院給付金、手術給付金、通院給付金の4つに分類されます。入院給付金とは、入院日数に合わせて支払われる給付金のことをいいます。また手術給付金は、所定の手術を受けた際に支払われる給付金のことです。これら2つは、医療保険内でも基本保証として上げらていることが多いと思います。

またこの2つは、保険各社ともに保証の差があまりないため選ぶ際の決め手にはなりにくくなります。そのため、がん保険を選ぶ際の大きなポイントは診断給付金と通院給付金が重要となってきます。診断給付金は、がんと診断された際に支払われる一時金のことで、ある程度まとまったお金を手に入れることができます。また診断給付金には用途の制限がないため、入院する際の資金以外にも使うことができます。

通院給付金とは、通院日数に応じてお金が支払われる保証のことです。通院給付金が出る条件などは、各保険会社によって異なるため注意が必要です。がん保険の中には、保証内容が似ていても診断給付金が出る条件や回数など、細かい項目が異なるものがあります。保険を選ぶ際には、これらの保証内容と掛け金のバランスを考え自分にあった保険を選ぶことが重要です。